注意しておきたい融資利率

元金に対しての支払利息の割合

 融資利率の金利水準の話。融資利率っていうのは、借り入れ金利とかローン金利とか言われているもののことで、借りた元金に対しての支払利息の割合のことを言います。そして、金利水準はマーケットの市場金利などが反映して決定されるということになります。ちなみに、日本の住宅ローンの金利って、ここしばらくずっと低金利ですよね。借りる方にとってはありがたいことでしょうけども、注意しておかなければいけないこともあります。

 それは、いつまでこの低金利が続くのかっていうこと。確か、今でもまだ平均して2%台の金利を保っていたと思いますけども、これがいつ4%台に上昇しても不思議ではないかもしれません。何故4%なのかっていうと、ここ20年強くらいの都市銀行の変動金利の平均が4%程度だからです。ですから、4%という数字が正確かっていうのは保証出来ませんけども、とにかくそろそろ上がり始めても不思議ではないかもしれないと考えておいた方が無難ではないかなって思います。特に住宅ローンのように長期間に渡って金利が発生し続けるものは、数字に気を配っておいた方がいいでしょう。低金利でも住宅ローンが払えなくて家を手放す人は多いと聞きますから。ではでは。